スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
春の京都その4
少し気が早いですが、後1週間もすればゴールデンウィークですね。みなさんも、色々と予定を立てているかと思います。

ところで、ゴールデンウィークの由来についてちょこっと調べてみたのですが、1948年にこの時期の祝日法が施行され、この間は通常に比べて映画館の入場者数が増加していることを受け、映画館経営者にとって「とても素晴らしい週間」という意味合いを込めて、1951年に大映の専務・松山英夫が命名したという説が有力視されているようです。

かと思えば、この時期はロッキー山脈の雪解け水で砂金がよく採れ、多くの人々が詰め掛けたことにより、彼らの地元の町が休日状態になってしまったことから名づけられたとする説や、日本を「黄金の国ジパング」と紹介したマルコ・ポーロが来日したのが5月の初旬だったのにちなんで、という説なんかもあるようです。

さて、そんなトリビアもどきはさて置き。春の京都最終回は、京都御苑・北野天満宮・平野神社からお届けです。

IMGP6304re.jpg

続きを読む
スポンサーサイト
【2006/04/20 22:37】 京都 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春の京都その3
さて今回は、醍醐寺からのお届けです。

醍醐寺は、京都でも有数の桜スポットですが、そもそものきっかけは豊臣秀吉が近隣諸国から桜を取り寄せて移植したのが始まりだそうです。そして秀吉は、秀頼、北政所、淀殿、各諸国の大名など約1300人もの人を従えた盛大な花見を催し、後に「醍醐の花見」として語り継がれていきます。

また、それまでは貴族達の風習であったお花見が、「醍醐の花見」によって庶民の間にも広く知れ渡り、根づいていったということです。

IMGP6248re.jpg

続きを読む
【2006/04/19 21:18】 京都 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春の京都その2
いつものようにupする写真をピックアップし、さてアップロードしようかとネットに繋いだら、ビックリするようなニュースが。日本ハムの新庄選手が、対オリックス戦終了後のヒーローインタビューで今季限りでユニフォームを脱ぐと宣言したそうですよ。

満塁ホームランを打った日に引退宣言なんて、新庄らしいと言えばらしいですけど……。来年の日ハムの観客動員に、大きな影響を与えそうですね。

と、まあ、個人的な備忘録を終えたところで、今回は祇園白川の写真をお届けします。

IMGP6220re.jpg

続きを読む
【2006/04/18 22:14】 京都 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。