スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
青春18切符で行こう 名古屋・完結編
最近、覚えた単語>ツンデレ。

さて、シリーズ最長となった名古屋編も今回が最終回。最後は、名古屋駅タワーズライツで締めたいと思います。と言っても、このイルミネーションイベントは1/9をもって既に終了しているのですが。でもほら、せっかく撮った写真を無駄にしたくないぢゃないですか。<「ぢゃ」を使うな、いい年こいて。

微妙に旬の時期を逃すこのブログ。これに懲りず、今後も生温かく見守ってやってくださひ。

IMGP3390.jpg

続きを読む
スポンサーサイト
【2006/01/31 13:40】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 名古屋編その7
さて今回は、既に予想してらっしゃる方もいるかもしれませんが、名古屋テレビ塔からのお届けです。

テレビ塔というと、まずパッと思い浮かぶのは東京タワーで、私は今までこちらが元祖だと思っていたのですが、実際の開業は名古屋の方が4年も早かったそうです。そして、日本全国様々な観光タワーがありますが、唯一、有形文化財に登録されています。すげーぜ、NA・GO・YA!

2011年から地上波はデジタル放送に切り替わり、その時をもって名古屋テレビ塔本来の役目は終わりを迎えます。でも名古屋テレビ塔は、名古屋市のシンボルとして、いつまでも存在し続けるのでしょう。

IMGP3254re.jpg

続きを読む
【2006/01/30 11:47】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 名古屋編その6
さて今回は、「オアシス21」からお届けです。

ここは公園・バスターミナル・店舗が集合した複合施設で、吹き抜けの地下広場をガラス張りの屋根が覆う形になっています。宇宙船をイメージしたこの建築デザインは、水と緑に溢れ、次世代の子供達にこんな地球を残したいという設計者の理想が込められているように思います。そして、ガラス張りの屋根は「水の宇宙船」と名付けられ、常に水が流れていますが、この水は雨水を再利用したものだそうです。さすが愛・地球博を開催した愛知県。う~ん、エコロジー。

ちなみに私は、ただのエロジジーだったりします。

IMGP3265re.jpg

続きを読む
【2006/01/29 09:04】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
青春18切符で行こう 名古屋編その5
さて、トヨタ博物館を後にした私は、次なる目的地「文化のみち二葉館」へとやってきました。

ここは、芸者から転身し日本初の女優として、アメリカ・フランス・ロシアなどでマダム貞奴(さだやっこ)ともてはやされた川上貞奴が、引退後、関西電力の前身である大同電力の社長・福沢桃介と暮らした屋敷を、名古屋市が移築復元した文化施設です。川上貞奴は、いわば、外国人が見た日本の三大要素「スシ・ゲイシャ・フジヤマ」のゲイシャ部門を担当した元祖である、と言っても過言ではないでしょう。

ちなみに先述した三大要素は私の独断と偏見ですので、人によってはブシドーだったりカミカゼ、ハラキリだったりするのかもしれません。

IMGP3217re.jpg

続きを読む
【2006/01/28 15:08】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう 名古屋編その4
さて、思いがけず長くなったトヨタ博物館。最後は、国産スポーツカーエリアからのお届けです。

ところで、現在私が場所をお借りしているFC2ブログには、「写真にコトバをのせて」という共有スレッドテーマがあります。ここではみなさん、写真にオリジナルの詩を添えてアップしていらっしゃるのですが、今回、私もチャレンジしてみようかな、と。いつも日記調じゃつまらないですからね。

え~と……。

そうですねぇ…………。


五月雨や~ < Σ( ゚Д゚)さみだれ?

ああああああああ、もうっ! 全然、思い浮かびません! どうやら私の少ない脳には、ロマンやポエミーといったカテゴリーは存在しないようです。

IMGP3155re.jpg

続きを読む
【2006/01/27 12:42】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 名古屋編その3
最近、ライブドア・ショックやからくりボビーの暴行事件など、何かと騒がしい世の中ですが、そんな世間の喧騒などどこ吹く風なこのブログ。しつこいようですが、今回もトヨタ博物館からです。

話はまったく変わりますが、私が「もんきー」というコテハンを名乗るようになって、もう4年以上が経ちます。で、先日(自分以外にもんきーを使っている人は、どれぐらいいるのだろう)と思い、検索してみました。結果、出産をされた方やダイビング同好会に所属する方など、様々なもんきーさんを発見したのですが、驚くことに現実世界でも、もんきーを名乗る方がいらっしゃいました。

正確に言うとお店の名前なのですが、その名もズバリ「珈琲屋 もんきー」。場所は愛知県幸田町で、紹介ページによると「珈琲が美味しいし、気楽にこられる」とかなりの評判。カタカナではなく、あえて平がなで「もんきー」とする辺り、私はお店のマスターにシンパシーを覚えずにはいられませんでした。

IMGP3178re.jpg

続きを読む
【2006/01/26 12:26】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
青春18切符で行こう 名古屋編その2
レミオロメンの事を、どうしてもレミオメロンと言ってしまうですよ…。

それはさて置き、ここで簡単にトヨタ博物館のフロアガイドもどきを書いてみようと思います。トヨタ博物館は3階建ての本館と、2階建ての新館から成り、実際に車が展示されているのは、本館2、3階と新館の2階になります。本館2階では主に外国のクラッシックカーを、そして3階では国産の車がずらっと並べてあり、それはもう壮観な眺めです。さらに新館では車の他に、高度成長期に使用されていた家電などが展示されており、人々の生活と車というのは密接な関係にあったのだという事実を、改めて再認識します。

と、ここまで書いてふと思ったのですが、展示されていた車は、どこから搬入したんでしょうか。受付けのお姉さんに聞いてみればよかった。

IMGP3050re.jpg

続きを読む
【2006/01/25 12:25】 青春18切符 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 名古屋編その1
18切符で行く撮影一人旅。今回の場所は名古屋です。

私は静岡県西部に住んでいて、名古屋だったら何も18切符のシーズン中じゃなくても、行こうと思えばいつでも行ける筈だったのですが、何故か今まで縁がありませんでした。近くて遠い存在とでも言いましょうか。で、旅行前に色々調べてみたら、名古屋風としか言い表せない独特の文化がありますね。特に、食文化にその傾向が強いように思います。

今回は写真を撮るのに夢中で、食事は適当に済ませてしまったのですが、次の機会があったら、名古屋風食文化の世界を探ってみたいです、ハイ。

IMGP2999re.jpg

続きを読む
【2006/01/24 12:40】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
青春18切符で行こう 横浜・完結編
あの~ひと~は行って行ってしまった♪

横浜というと、まずこの曲を思い出しますよね。つーか、思い出さないなんて言わせませんわよ! それはともかくとして、今回は日本丸からのスタートです。

ところで、最近暇さえあれば、己の未熟な撮影技術を少しでもレベルアップさせるべく、「初心者のためのテクニック講座」みたいなサイトをちょくちょく見ています。その中で、日の丸写真からの脱却という趣旨で書かれたパージをよく見かけます。日の丸写真というのは読んで字のごとく、メインで写したい被写体を、画面のど真ん中にもってくる事を指しているのですが、これがなかなか難しい。

なぜなら、せっかくその場所に訪れたのだから、一番分かりやすくかつ全姿を写真に収めたいぢゃないですか! ああでもこれって日の丸ちっくだし、じゃあここは切り捨ててこんなアングルで、いやでもやっぱり……。と、こんな具合に身悶えながらシャッターを切る今日この頃です。

IMGP2809re.jpg

続きを読む
【2006/01/23 10:39】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう 横浜編その2
さて、赤レンガ倉庫を後にした私は、みなとみらい21のエリアをうろうろする事にしました。

この日は土曜日というのも手伝ってか、ふと周りを見渡せば、石を投げればカップルに当たる状態。独り者には辛すぎる、まさに「逢魔が時」と呼ぶに相応しい時間帯でありました。(俺がもしゴジラだったら、あの観覧車をぶっ倒してやるのに)なんて物騒な妄想に耽りつつ歩いていると、三脚持参で撮影に来ている人を何人か見かけました。

私はその都度、(おおっ! 同士よ!)と心の中で叫んでいたのでした。勝手に同士にされた人は、たまったもんじゃないかもしれませんが。

IMGP2732re.jpg

続きを読む
【2006/01/21 21:16】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
青春18切符で行こう 横浜編その1
さて今回は、場所を移して横浜からのお届けです。

いつもですと伊豆の名所をいくつか回るというパターンで、当初は(せっかくだから、伊豆の先端まで行ってみようか)と考えていたのですが、同じ線路上にありながらJRの管轄は伊東までで、そこから先は伊豆急行に乗っているという扱いになります。で、伊東から終点の伊豆急下田までを往復すると、運賃が3000円弱掛かってしまいます。

「いつもより 遥かに安い 運賃で どこまでも行こう まだ見ぬ世界へ」<字余り。

それこそが18切符の醍醐味なのに、これでは本末転倒。さてどうするかと思案した結果、一路、横浜を目指すことにしました。我ながらベタだとは思いますが、まずは山下公園からのスタートです。

IMGP2698re.jpg

続きを読む
【2006/01/20 21:35】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 伊豆編
さて、大好評を博している18切符シリーズ。今回は伊豆からのスタートです。

話は変わりますが、カメラメーカーの老舗コニカミノルタが、カメラ事業から撤退すると発表しました。私の会社の先輩はコニカミノルタのα7Dを使っていて、今回のニュースについてどう思っているかメールしてみたのですが、「先行きが不安だし、ソニーに吸収されるってのが何か嫌だ」とのこと。う~ん、先輩の心情はよく分かりますね。私もカメラを買う時、ソニーやパナソニックなど、家電の延長といった感じがするメーカーは真っ先に候補から外しましたし。やはり餅は餅屋といいますから。とはいえ、ペンタックスを愛用している私も、明日は我が身なのかもしれませんが。

あ、ちなみに写真は伊豆急行城ヶ崎海岸駅です。ログハウス調の駅舎が特徴的ですね。って、全然話が繋がってないし。

IMGP2626re.jpg

続きを読む
【2006/01/19 21:37】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
嗚呼、掛川城 後編
母さん、エロかっこいいって何なんでしょうね…。

そんな事はさて置き、今回は「掛川城御殿」からのお届けです。掛川城御殿は江戸時代後期に建てられた城郭御殿で、明治時代では掛川藩所として使われていました。そして廃藩置県の後は、女学校・町役場・市庁舎・農協・消防署などに転用されていたそうです。

歴史深く趣きのある建造物というのは、映像に携わる人達にも貴重なようで、黒澤明の遺稿を元に撮影された「雨あがる」という映画のロケ地になった事もあります。ビデオを観て、実際の場所と比べてみるのも面白いかもしれません。

IMGP0950.jpg

続きを読む
【2006/01/18 20:24】 地元 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
嗚呼、掛川城 前編
さて今回は、予定を変更して掛川城からのお届けです。昨日までは18切符シリーズの3箇所目をアップするつもりだったのですが。

既にお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、昨日からアクセス解析を入れてみました。個人的にはアクセス解析はあまり好かんのですが、どのくらいの人が閲覧してくれているか、どーしても知りたかったので。

で、解析の機能の中に、このブログへのリンク元が分かる機能がありまして。昨日の更新でちょこっと触れた某ドラマのタイトルを検索して、当ブログに来てくださった方が何人かいらっしゃるんですね。でも私はTVをほとんど見ませんし、当然ドラマについての情報なんて何一つ挙げちゃいない。

そんな訳で、期待してここへ来てくださった方々へのお詫びの意味も含めて、せめて現在の掛川城の姿をご覧頂こうかな、と。そんな次第でございます。かしこ。

IMGP0900.jpg

続きを読む
【2006/01/17 20:14】 地元 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 長浜・完結編
さて、思いがけず長期に渡った長浜編も、今回が最終回。最後は「長浜城歴史博物館」です。

長浜城は、後に天下を統一する豊臣秀吉がまだ木下藤吉朗だった頃、浅井長政の居城陥落に活躍した功を評価され、信長から与えられた長政の元領土に建てたお城です。ちなみに3代目城主は、今年のNHK大河ドラマ「功名が辻」で取り上げられている山内一豊です。

そう言えば以前、同じく山内一豊ゆかりの城である掛川城を訪れたのですが、掛川城は大河ドラマのノボリを数多く立て、さかんにアピールしていたのですが、ここ長浜城ではそういった光景があまり見受けられませんでした。長浜の人たちにとってはやはり、太閤・秀吉のイメージが強いのかもしれませんね。

IMGP2204re.jpg

続きを読む
【2006/01/16 21:23】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 長浜編その5
さて今回は、「長浜鉄道スクエア」からの写真です。

ここは、1882年(明治15)に完成した現存する駅舎としては最も古い「旧長浜駅舎」を中心にし、「長浜鉄道文化館」「北陸線電化記念館」の3つから構成され、鉄道に関する色々なものを展示しています。ちなみに旧長浜駅舎は、鉄道記念物に指定されているそうです。

明治の面影を色濃く残したこの場所で、文明開化の時代に思いを馳せるのも、また一考ではないでしょうか。

IMGP2201re.jpg
続きを読む
【2006/01/15 10:26】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 長浜編その4
さて、今回もまたまた「龍遊館」からです。まずは、懐かしのTVヒーローなどのフィギュアから。

ところでふと思い出したのですが、この日は私以外にカップルが1組いただけで、そのカップルは30分くらいでいなくなってしまいました。で、思わぬ貸切り状態に大喜びの私は、ひたすら写真を撮りまくっていたのです。時間にして3時間ぐらいでしょうか。

多分、受付けのお姉さんに、オタク野朗だと思われてるんだろうなぁ……_/ ̄|○

IMGP2086re.jpg

続きを読む
【2006/01/13 17:45】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう 長浜編その3
さて、昨日に引き続き「龍遊館」からお届けです。

受付を通って最初のフロアは、「ネイチャーコレクション」になります。ここは恐竜を筆頭に、地球に生息する様々な生物のフィギュアが展示されています。リアル志向のフィギュアからちょっとコミカルな物までと、バラエティに富んでいます。

まずは一発ガツンとかまして、海洋堂のフィギュアにかける思いを見せつけてやろう。そんな意気込みが伝わってくるかのようです。

IMGP2099re.jpg


続きを読む
【2006/01/12 12:04】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 長浜編その2
さて今回は、この旅の1番の目的地だった「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁・龍遊館」からお届けです。

ここは、お菓子のオマケとしてついてくるフィギュアの製作を手掛け、チョコエッグのブレイクによって一躍有名になった海洋堂が、その作品を一堂に介した美術館です。と言ってもここにあるのは氷山の一角に過ぎず、市場にはもっと多くのフィギュアが出回っているのだろうとは思いますが。

ちなみに入場料は300円と、非常にリーズナブルなお値段となっています。どうです? 奥さん。

IMGP1907re.jpg

続きを読む
【2006/01/11 02:15】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 長浜編その1
さて、18切符で行く日帰りの旅。今回は、滋賀県長浜からです。

まず最初に訪れたのは、豊臣秀吉を祀った「豊国神社」です。豊国神社は、長浜城城主であった秀吉没後、秀吉を偲んで建立されたのですが、徳川幕府になってから取り壊すよう命じられました。そこで長浜の町民は、表向きは商売の神様である恵比寿様を祀り、長く続いた江戸時代をやり過ごし、大正9年に晴れて豊国神社を名乗る事が出来たという中々複雑な歴史を持っている神社です。

長浜には姫路を訪れた翌週末に行ったのですが、この日は名古屋が何十年ぶりかで大雪に見舞われた日で、途中通過する名古屋の風景が1週間でがらりと変わって、びっくりした思い出があります。今回からアップする写真も雪景色が多くなり、ここにきてようやく季節に追いついた気がします。

IMGP2136re.jpg

続きを読む
【2006/01/10 10:34】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう 姫路・完結編
さて、ぶらり姫路の旅、最後は播磨国総社からです。ここは特に行こうと決めていたわけではなく、帰りに乗るつもりでいた電車の時間に余裕があったので、その辺をふらふらしていたら辿りつきました。

播磨国総社は、播磨地方の大小様々な神様を合わせ祀っている所で、家内安全・商売繁盛・縁結びなどの御利益があり、地元の方から「姫路の総社さん」と呼ばれ親しまれているそうです。

「神様にあれもこれもお願いしたい。でもお参りは1度で済ませたい」という、何かと忙しい欲張りな現代人のニーズに応えた……かどうかは定かではありませんが。

IMGP1837re.jpg

続きを読む
【2006/01/09 10:50】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 姫路編その3
さて今回は、姫路城から徒歩5分ほど移動した所にある庭園「好古園」からです。ちなみに読み方は「こうこえん」です。

好古園は、姫路市制百周年を記念して造園された池泉回遊式の庭園です。園内は「御屋敷の庭」や「竹の庭」など、大小9つの区域に分かれていて、季節に応じた様々な風景を楽しむことが出来ます。ただ私がここを訪れたのは12月の半ばで、紅葉のピークは過ぎ、庭木もやや枯れ始めていたのがちょっと心残りです。

とかなんとか偉そうに語ってますが、帰宅してネットで検索するまで「すいこえん」だと思い込んでいたのは私です。「この知ったかぶり王が!」と罵りたければ罵るがいいさ!

IMGP1794re.jpg

続きを読む
【2006/01/07 12:59】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 姫路編その2
昨日に引き続き、今回も姫路城からお届けです。

ところで、写真を始めてからそろそろ4ヶ月が経ちますが、それまでの生活とはがらりと変わった事を、最近ひしひしと感じます。以前の私は自他共に認める引きこもりで、西は浜松、東は掛川までというごく狭い地域で生存しておりました。しかしながら、カメラを手にしてからというもの、遠州を飛び出し東へ西へ。

ひょっとしたら近い将来、あなたの街に出没するかもしれません。もし私らしき姿を見かけたら、バナナの1つでもくれてやっておくんなさい。

IMGP1725.jpg

続きを読む
【2006/01/06 12:35】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 姫路編その1
現在JRでは、冬のシーズンの青春18切符を販売しています。とは言っても、もうすぐ利用期間は終わってしまうのですが。そこで今日から、18切符を使って旅した場所の写真を、アップしていきたいと思います。

まず最初に訪れたのは姫路城です。18切符を買って、さて何処へ行こうと考えた時、真っ先に頭に浮かんだのがここでした。さすが世界遺産に登録されているだけあって、真近で見る姫路城はかなりの迫力がありました。

私のつたない写真では、いまいち伝わらないかもしれませんが、その辺を差し引いてご覧頂けると幸いです。

IMGP1658re.jpg

続きを読む
【2006/01/05 12:21】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
新年
明けまして、おめでとうございます。みなさんは、どんなお正月を迎えましたか? 親戚の子供にお年玉をねだられ、財布の中身がちと軽くなったりしてるのでしょうか。つーか、長男・長女ってホント損ですよね。渡すばっかりで、下から貰う事がありませんし。くっそう、あの金があれば今頃レンズの1つでも…。

私はと申しますと、お正月は食っちゃ寝、食っちゃ寝していた為、軽くヤバイ状態であります。わき腹フォー!

さて今回は、年明け1回目にふさわしく、御前崎で撮った初日の出の写真をアップしたいと思います。とは言っても1/3は生憎の天気で、水平線から丸い太陽が顔を出す、いわゆる初日の出の写真は撮れませんでした。残念。

何はともあれ、本年も当ブログをよろしくお願いします。

IMGP2973.jpg

続きを読む
【2006/01/04 02:24】 地元 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。