スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
神戸一人旅 その4
さて今回は、昨日upした英国館とお隣りさんになる、仏蘭西館からお届けです。

仏蘭西館は元々、神戸港近くの旧居留地に建てられた外国人向けアパートで、後に北野町へ移築されました。左右対称の部屋が2階で繋がっていて、形状が日本の長屋に似ている事から、洋館長屋とも呼ばれているそうです。

ただ、長屋と銘打ってはいるものの、屋内に展示されている調度品はゴージャスそのもの。悲しいかなコテコテの日本人である私にとっては、ちょっと落ち着かない雰囲気でした。

IMGP4636re.jpg
続きを読む
スポンサーサイト
【2006/02/28 08:59】 神戸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神戸一人旅 その3
さて今回は、英国館からお届けです。

英国館は、在留外国人のホームドクターを務めていたフデセック博士の自宅兼医院として使用されていたのですが、お医者さんの家の割りにはホームバーが3ヶ所もあるという、一風変わった館です。なんでしょう、フデセック博士はどちらかと言うと、ざっくばらんな方だったのでしょうか。

ちなみにここは、夕方5時からバーとしての営業もしています。落ち着いた雰囲気の中でグラスを傾けるのも、またいい思い出になるのではと思います。

IMGP4564re.jpg

続きを読む
【2006/02/27 10:48】 神戸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神戸一人旅 その2
さて今回から、北野町異人館巡りをした時の写真をupしていきます。

異人館街は女性に人気の高い観光スポットという触れ込み通り、幅広い年齢層の観光客を見かけたのですが、男一人でうろついていたのは私ぐらいなものでした。平日という事を差し引いて考えても、あまりにもいなすぎです。世の男性は、あまり一人旅をしないのでしょうか。それとも、みなさんちゃんと同行者がいるという事なのでしょうか。

それはともかくとして、まずは旧パナマ領事館からスタートです。

IMGP4530re.jpg

続きを読む
【2006/02/26 12:44】 神戸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神戸一人旅 その1
くぉ~べぇ~、泣いてどうな~るのか。捨てられたわが身が、みじめになるだけぇぇぇぇ。パパヤ、パヤパヤ、パッパッパー♪

ということで、木金と一泊二日で神戸に行ってきました。やっぱ、神戸と言ったらこの歌でしょ。今の自分の境遇にぴったりですし。って、別に誰かに捨てられたわけじゃないのですが。でも、上手い嘘のつける相手を探しています。

まずは手始めに、早朝のハーバーランド近辺からお届けです。しばらくの間、神戸からの写真が続きますが、よろしくお付き合いのほどを。

IMGP4496re.jpg

続きを読む
【2006/02/25 17:57】 神戸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
浜松スナップその2
最近は日が長くなり、少しづつではありますが、確実に春へと向かっていますね。梅は咲いたか、桜はまだかいな。

ただ、春の訪れを素直に喜んでいられない人も中にはいるわけで。そう、花粉症です。私も花粉症キャリアが10年近くになりますが、今年もしっかりとやってきましたよ、ええ。症状はまだ軽いですが、これから本格化するかと思うと、かな~り憂鬱です。

それはともかくとして、今回も浜松スナップです。今朝、撮ってきたばかりで、ネタは新鮮そのもの。と~れとれピ~チピチ蟹料理ぃ♪

IMGP4459re.jpg

続きを読む
【2006/02/22 16:00】 地元 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
浜松スナップ
姉さん、事件です。写真の在庫が底を尽きかけてます。

このブログの更新は、基本的に休みの日に撮り溜めた写真を、平日にちょっとずつupしていくのが今までのパターンだったんですね。ですがここ2週間まともに休みがとれず、全然写真が撮れていません。フォルダを逆さに振っても、塵ひとつ出てきゃしない有様です。

で、この前の日曜日になんとか時間を作って、浜松の街中をウロウロしてみたのですが、お見せできるような写真があまり撮れず……。ただ、今週の木曜日からまとまった休みが取れるので、それまでなんとかしのげれば、という次第です。

IMGP4412re.jpg

続きを読む
【2006/02/21 12:43】 地元 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
再び京都へ その6
さて、2回目の京都一人旅も今回で最終回。最後は京都駅です。

京都駅は、建都1200周年を迎えた1997年に改築されたのですが、その巨大かつ近代的な建物は街の美観を損ねかねないとして、賛否両論を巻き起こしたようです。個人的には、かなり好きな部類に入る建物なのですが、これは所詮、他県に住む者のお気楽な意見にしか過ぎないのかもしれません。

ちなみに、平成ガメラ3部作の完結編にあたる「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」では、クライマックスで京都駅を舞台にガメラとイリスが大暴れします。怪獣映画にしては珍しく、屋内での格闘シーンがあり、見ごたえたっぷりです。

IMGP3977re.jpg

続きを読む
【2006/02/20 11:29】 京都 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
再び京都へ その5
さて、寺社仏閣の撮影にちょっとマンネリ気味になった私が次に向かったのは、今回お届けする「梅小路蒸気機関車館」でした。

ここは、鉄道開業百周年を記念して建てられ、旧二条駅を移築して再利用した資料館と、大正から昭和の時代に活躍した蒸気機関車を一堂に介した博物館です。展示してある蒸気機関車は、その数なんと18両。1両2両だったら私も何回か見た経験があり免疫も出来ているのですが、これだけの数をいざ目の当たりにすると、少し気圧されてしまいます。助けてメーテル。

ちなみにこの博物館が開館した年は私が生まれた年、つまり同い年になる訳で、個人的に親しみが持てる博物館でした。あ~キミキミ。だからといって、ググって計算したりしないように。そこは触れずにおくのが、大人の優しさってもんですよ、ハイ。

IMGP3917re.jpg

続きを読む
【2006/02/18 13:38】 京都 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
再び京都へ その4
さて、金閣寺を後にした私は、仁和寺へとやって参りました。

当初の予定では、金閣寺の次は竜安寺へと赴くつもりだったのですが、石庭の補修工事が行われていたため華麗にスルー。できたら桜が咲き誇る季節までに、工事が終わればいいなと思います。その時にまた、改めて訪れるとしましょうか。

で、仁和寺の印象についてですが。全国の色んなお寺の中で、ここの仁王門は1、2を争う迫力があるように思います。対抗馬は、奈良の東大寺あたりでしょうか。あ~、それにしても残念。同行者がいたら、阿吽の仁王像と同じポーズで記念撮影したかったんですけどねぇ。

……すいません、嘘ついてました。観光客がひっきりなしに通る場所で、そんな事できる度胸はありませぬ。

IMGP3855re.jpg

続きを読む
【2006/02/17 13:10】 京都 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
再び京都へ その3
さて今回は、みなさんご存知、金閣寺からです。

そもそもこの時の京都行きの発端は、(金閣寺の雪景色を撮りたい)という点から来てまして。雪の積もった金閣寺の画像なら、ネットで検索すればいくらでも出てきますが、やはり自分で撮ってこそ意義がありますから。しかしこの日は、数日前まで降っていた筈の雪がすっかり溶けてなくなっていて、青空が広がるやけに爽やかな印象の金閣でした。

日頃の行いが良いのか悪いのか、なかなかこちらの思惑通りにはいかないものですね。

IMGP3769re.jpg

続きを読む
【2006/02/16 12:25】 京都 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
再び京都へ その2
乳毛に白髪が混じってた……_| ̄|○

さ、気を取り直して京都の2日目。今回は大徳寺です。大徳寺には22もの塔頭があり、様々な趣向を凝らした庭園の写真が撮れるんだろうな、と楽しみにしていたのですが。初っ端に訪れた大仙院が撮影禁止だったため、ひょっとしたらどこに行っても同じかもしれないと考え、他の塔頭を回ること無く早々に後にしたのでした。

ヽ(`Д´)ノ つーか、撮影禁止なら拝観料400円もぼってんじゃねーよ!

 IMGP3723re.jpg

続きを読む
【2006/02/15 13:01】 京都 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
再び京都へ その1
突然なんですが、私は3交替勤務で働いてまして、今週は夜勤なんですね。で、若い頃は夜勤明けでも平気だったんですけど、最近は年とともに疲労のたまり具合が増してきまして。こんな時にはそう、甘い物がいいですよね。例えばチョコとかチョコとか、後、チョコとか。<買えよ。

そんなこんなで今日から、先月末に訪れた京都の写真をアップしていきます。「また京都か」とか言われそうですが。前回は嵐山近辺をウロウロしたのですが、今回は場所をやや北東にずらし散策しました。

まずは、上賀茂神社からスタートです。

IMGP3702re.jpg

続きを読む
【2006/02/14 12:27】 京都 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
封鎖できません!
タイトルからピンときた方もいらっしゃるかもしれませんが、今回はレインボーブリッジの写真です。

と言っても、東京・お台場にあるそれではなく、場所は藤枝市になります。橋の名は「ふれあい大橋」といい、普段は歩行者や自転車専用の橋として利用されているのですが、週末になるとライトアップされて、あら不思議。静岡県にもレインボーブリッジの出来上がりとあいなる訳です。ここなら青島も封鎖できるでしょう。

本家レインボーブリッジに比べると規模はかなり小さいのですが、その分、橋の全長に綺麗な虹色がかかり、地元びいきを差し引いても、鮮やかさでは引けをとらないのでは? と思います。

IMGP4125.jpg

続きを読む
【2006/02/13 08:13】 地元 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
磐田市旧見付学校・後編
いやぁ、いよいよトリノ冬季オリンピックが開幕しましたね。ところで、前大会はソルトレイクシティでその前は長野だったんですけど、長野の前ってどこでしたっけ?

そんな事よりも、つい先ほど台所にヤツが出たんです、ヤツが。何がって、黒くて平べったいアレですよ。いつものように夕飯の支度をしていると、音も無く現れたヤツ。……しまった。うちには殺虫剤がない。さて、どうするべか。お互い一歩も動けず、睨み合うことしばし。ふと閃いた私は、洗面所に行きギャッツビー、俗に言う制汗剤をつかんでヤツに一吹き。くらえ、デオドランドパワー! まともに浴びたヤツは引っ繰り返り、手足をばたつかせ悶え始めた。よし、もう一息だ! 数秒後、ヤツは、めでたく天に召されました。ライムの香りを大量に残しながら。

同じ様な効果として、筋肉痛を癒すエアーサロンパスも効くかもしれません。みなさんも、機会がありましたらぜひ1度お試しあれ。

IMGP4021re.jpg

続きを読む
【2006/02/10 20:51】 地元 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
磐田市旧見付学校・前編
個人的備忘録。加護亜依、深夜の喫煙シーン撮られる@フライデー。

さて今回は、私の思いっきり地元になります「磐田市旧見付学校」からのお届けです。旧見付学校は明治8年に開校した小学校で、現存する小学校の校舎としては日本最古になります。文明開化の時代を思い起こさせる洋風の建築物で、できた当初は、まさにハイカラな建物だったのでしょう。建物の中には、当時に使用されていた生活品やおもちゃ等が展示され、入場は無料です。無料。なんていい響きなんだ。感無量です。

それにしても、私も磐田で生まれ育って早うん十年になりますが、存在こそ知ってはいたものの、まさかそんなに貴重な物だとは思いませんでした。写真を始めた頃は、古都だ京都だと古い物を追いかけていた時期もありましたが、灯台下暗しってやつですね。

IMGP4019re.jpg

続きを読む
【2006/02/09 20:37】 地元 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 東京・完結編
さて、約1ヶ月に渡って引っ張ってきた18切符シリーズも今回でひとまず閉幕です。でも3月になれば、春のシーズンが控えてるんですけどね。「またかよ」とかいう声が聞こえてきそうですが。

最後は、やはりイルミネーションで締めたいと、降り出した雨をもろともせず「東京ドームシティ」に赴きました。例によって、人間三脚乱れ打ちです。とにかく数多く撮りまくって、その中から使えそうな上澄みをすくおうという訳です。ぶっちゃけ、ただの手持ち撮影とも言いますが。

実はこの撮影を終えた後、三脚の必要性を痛感し、最近、購入しました。まだまだビギナーですので、試行錯誤の繰り返しですが、少しはマシな夜景をアップできたらと思います。

IMGP3656re.jpg

続きを読む
【2006/02/08 21:03】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 東京編その6
いやぁ、色々いじくってたら、もうこんな時間になってしまった。と言っても、変な意味じゃありませんよ、念のため。それにしても、レタッチソフトの威力は凄まじいですね。どアンダーな写真でも、驚異のリカバリーで何とか見られる程度のレベルまで持っていけるのですから。これがフリーでごろごろしてるのですから、ありがたい話です、ハイ。

という訳で、今回は「ヴィーナスフォート」からのお届けです。調べによりますと、ここは「女性のためのテーマパーク」と銘打って、中世ヨーロッパの町並みを再現したショッピングモールですってよ、奥さん。ケッしゃらくさい、べらんめぇ。

ってゆーか、行く前から分かっていた事とはいえ、オサーンひとりで行く場所じゃありませんね。まぁ職務質問されなかっただけ、良しとしますか。

IMGP3610re.jpg

続きを読む
【2006/02/07 20:51】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 東京編その5
寝たふりしてる間に出て行ってくれ。

え~、冒頭の一文に特に深い意味はございません。一生に一度でいいから使ってみたい台詞を、なんとなく書いてみただけとです。とはいえ、実際に使う場面があるとしても、せいぜい部屋でゴキブリを見つけた時ぐらいが関の山でしょうが。

それはさて置き、今回は「台場小香港」からのお届けです。ここは、日本にいながらにして香港にいるような気分が味わえ、いい年こいて未だにパスポートを持たない私にとっては、夢のような空間です。ビバ! お台場。

……一度でいいから見てみたい。雲が地上を隠すとこ。歌丸です。

IMGP3578re.jpg

続きを読む
【2006/02/06 19:24】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
青春18切符で行こう 東京編その4
さて、江戸東京博物館を堪能した私は、お台場へと移動しました。まずは、デックス東京ビーチ内にある「台場一丁目商店街」からです。

ここは、昭和30年代の下町の雰囲気をイメージしたショッピングモールで、ひとたび足を踏み入れると、タイムスリップしたような感覚に陥ります。中には駄菓子屋や射的場といったお店が並び、30代以上の世代の方には懐かしく、10代20代の方は真新しく感じるような空間なのかもしれませんね。

ちなみに、私がどの様に感じたかは内緒です。

IMGP3568re.jpg

続きを読む
【2006/02/05 11:40】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう 東京編その3
気がつけばいつの間にやら1月が終わり、今日は節分ですか。いやぁ、月日が経つのは早いですなぁ。

ここでちょっと私信を。この日、入場チケットを買う為に料金表を見ていたのですが、とあるおじさんが
「常設展に行くの? じゃ、この券あげるよ」
と、私にチケットをくれました。話によるとそのおじさんは、現在行われている企画展に行きたかったようなのですが、チケットを間違えて買ってしまい1枚余ってしまったようで。で、そのチケットを私に無料で譲ってくれた、と。

あの時のおじさんが、このブログを見ている可能性は限りなく0に近いですが、この場を借りてひと言お礼を申し上げます。その節は、本当にありがとうございました。"(_ _,)ペコリーノ。

IMGP3505re.jpg

続きを読む
【2006/02/03 12:36】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 東京編その2
さて今回は、江戸東京博物館からのお届けです。

江戸東京博物館は両国国技館に隣接していて、各種資料や模型などを通じて、江戸の文化を未来へ受け継ぐという趣旨で建てられた博物館です。また外人の観光客も多数、来館され、東京観光には欠かせないスポットになっているようです。

ちなみにこの日は、ちょうど大相撲初場所の真っ最中で、国技館周辺で付き人を連れた力士さんを見かけ、(おお、生力士だよ)なんて感動していたのを思い出します。

IMGP3453re.jpg

続きを読む
【2006/02/02 11:22】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう 東京編その1
東京だよ、おっ母さん。

という訳で、18切符シリーズ最後の地は東京です。この日はあいにく朝から天気が悪く、室内で撮影可能なスポットを選んで散策してみました。天気がよかったら、都庁とか東京タワーに行こうと思ったんですけどね。ええ、おのぼりさんですが、何か?

それはさて置き、まずは東京国際フォーラムからです。ここは、普段、閲覧している写真系ブログで、しばしばアップされる写真を拝見して、いつか自分も撮ってみたいと考えていた場所です。私以外にもカメラを携えた人を何人か見かけ、その人気のほどが伺える場所でした。

IMGP3408re.jpg

続きを読む
【2006/02/01 11:51】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。