スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
青春18切符で行こう・春 東京完結編
というわけで、東京編の最終回は秋葉原からです。ここも、浅草とは違った意味で、カメラを持ち歩く人が多数いました。特に駅前に。

それはさて置き、今日からいよいよプロ野球のセ・リーグが開幕します。WBCの興奮も冷めやらず、そして一足先に開幕したパ・リーグに負けないくらい盛り上がっていきたいものです。ちなみに私の優勝予想はズバリ! 阪神。昨年、一世を風靡した勝利の方程式JFKにやや不安が残りますが、その分今年は、若手の台頭により層が厚くなった打線が援護し、日本シリーズの悪夢を払拭してくれることでしょう。

……ま、これは私の希望的観測が多分に含まれているのですが。

IMGP5921re.jpg

続きを読む
スポンサーサイト
【2006/03/31 12:07】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう・春 東京編その4
さて今回も、昨日に引き続いて浅草スナップです。今回はほとんどが縦アングルで撮った写真なので、スクロールが長くなりますが、あらかじめご了承下さいませ。

ところで、今さら話題にするのも何なのですが、ようやく桜のシーズンになりましたね。みなさんの住んでいる地域では、何分咲きくらいでしょうか。早いとこ写真を撮りに行きたいのですが時間がなく、ある意味期間限定の物ですから、なんとか私の休みにの日まで散らないように、ただただ祈るばかりです、ハイ。

IMGP5900re.jpg

続きを読む
【2006/03/30 11:48】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう・春 東京編その3
さて今回は、浅草の街中スナップをお届けします。

浅草は、スナップ写真を撮るのに絶好の場所なのか、今まで訪れた街よりもはるかに多く、一眼カメラをぶら下げた人を見かけました。正直、まだ街中でカメラを構える事に気恥ずかしさを感じる私にとっては、とても心強かったのを思い出します。

IMGP5908re.jpg

続きを読む
【2006/03/29 13:47】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・春 東京編その2
さて今回は、場所を浅草に移してのお届けです。まずは浅草寺を中心にお楽しみ下さい。

ところで、この日は天候に恵まれ、かなりの人で賑わっていました。私は今まで画面内に極力、人の姿が入らないタイミングでシャッターを押していましたが、今回のようにむしろ積極的に人影を取り込む写真も、これはこれでアリかな、なんて。

これからは、「何、撮っとんじゃゴルァ」されない程度に、シャッターチャンスを狙っていこうかと思います。

IMGP5829re.jpg

続きを読む
【2006/03/28 13:25】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・春 東京編その1
ども、ご無沙汰しております。先週はちょっと体調を崩し、久しぶりの更新です。最近、昼間は暖かいのですが夜はまだ冷え込んでいて、わたしゃ、こういう季節の変わり目に風邪を引きやすいものでして。

さて、今回から東京編をお送りします。前回、冬に訪れた時は雨が降っていて、撮影を断念した場所を中心に徘徊してみました。

まずは、東京都庁からスタートです。

IMGP5775re.jpg

続きを読む
【2006/03/27 11:04】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・春 明治村完結編
さて今回は、5丁目を中心にお届けする明治村の完結編です。

ところで明治村には、ボランティアによるガイドさんが何人かいらっしゃって、建物の由来や持ち主のエピソードなどを聞かせてくれます。観光ガイドを職業にしている、いわゆるツアーコンダクターの方たちと比較するとややぎこちない感じがしますが、逆にそれが温かみを増すような効果があるような気がします。って、ちょっと偉そうな物言いですが。

調べによりますと、このボランティアガイドさんは、午前10時から午後3時までの勤務で、謝礼が1000円だそうです。みなさんも明治村を訪れた際には、ガイドさんのお話に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

IMGP5704.jpg

続きを読む
【2006/03/22 23:21】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・春 明治村編その3
祝・日本優勝。やったぜ、王JAPAN!

いや~、やりましたね。日本がワールド・ベースボール・クラッシック略してWBC初代王者に輝きました。この手のスポーツイベントは一人で見てもつまらないので、今日は実家に帰って家族と一緒に観戦し、優勝の喜びを分かち合いました。普段はバラバラで勝手気ままに生きている私たちですが、なぜか野球を通じて結束するという、我ながらおかしな家族です。

それにしても、一時はグループリーグ敗退の崖っぷちまで追い込まれながら、奇跡の逆転優勝。これはもう、あれですね。アメリカを叩いてくれたメキシコに、足を向けて寝られませんね。ところで、メキシコってどっちでしたっけ?

それはさて置き、下の写真は宇治山田郵便局です。ここは見学だけでなく、切手・ハガキの販売など、実際の窓口業務が行われています。

IMGP5660.jpg

続きを読む
【2006/03/21 20:26】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・春 明治村編その2
さて、明治村の第2回目。今回は、2丁目3丁目を中心にお届けします。申し訳ないのですが、今日はあまり時間がないので、早速、写真をご覧頂きましょう。

IMGP5625.jpg

続きを読む
【2006/03/19 12:37】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・春 明治村編その1
さて今回は、帰ってまいりました当ブログの迷コーナー青春18切符シリーズです。まず最初に訪れたのは、愛知県犬山市にあります明治村でした。

明治村は、読んで字のごとく明治時代の建築物を保存・展示している屋外博物館です。村内の敷地はかなり広く、1丁目から5丁目まで区分けされ、展示されている建物それぞれに番地が振り分けられているのが特徴的です。

ちなみに下の写真は三重県庁舎です。正面から全体像を撮りたかったのですが、正面入り口の補修工事が行われていたので、ちと残念でした。

IMGP5578.jpg

続きを読む
【2006/03/18 12:19】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
浜松・べんがら横丁
先日、今月の3日にオープンした浜松べんがら横丁に行ってみました。

ここは、ラーメンと焼き鳥をテーマにしたエリアを設け、全国各地の有名店が集まった食のコミュニティパークだそうです。とは言っても、例えば横浜のラーメン博物館のような凝った内装ではなく、割とあっさりした雰囲気です。正直、突貫工事の感が否めないのですが。ちなみにラーメンエリアには、タレントのデビット伊東のお店が出店しています。

ところで聞く所によりますと、このべんがら横丁は、最近、やや衰退気味の浜松駅前再開発の一環として建てられたみたいなのですが、そんな事よりも早いとこ松菱跡地をなんとか汁! と思うんですよ。あ~あ、ヨドバシカメラが来ないかなぁ。

IMGP5956re.jpg

続きを読む
【2006/03/16 12:34】 地元 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
神戸一人旅 その14
さて、長々と続けてまいりました神戸編も今回が最終回。最後はちょっと場所を移動して、明石大橋からのお届けです。

明石大橋は、本州と淡路島を結ぶ国内最長のつり橋で、先に開通した大鳴門橋を介することにより、本州と四国が陸続きになりました。そして、神戸側の橋桁内には「舞子海上プロムナード」と呼ばれる遊歩道及び展望台があり、海面からの高さ47m陸から150mという地点での風景を楽しむことが出来ます。

また夜にはライトアップされ、季節や時間によって彩りが変わり、オススメの夜景ポイントの1つとして有名です。

IMGP5093re.jpg

続きを読む
【2006/03/14 12:02】 神戸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神戸一人旅 その13
さて今回は、萌黄の館からお届けです。

ここは、アメリカ総領事だったハンター・シャープ氏の邸宅として建てられ、後に神戸電鉄社長の小林秀雄氏の一家が移り住んでいました。そして、ご近所の風見鶏の館が一般公開され観光客で賑わう様子を見て、小林家夫人が神戸市の借り上げに応じ、一般公開されるようになったそうです。いやぁ、粋な方ですね。

ちなみに萌黄の館は、以前は「白い異人館」と呼ばれていたのですが、昭和62年の修復工事の際、建築当時の壁の色は淡いグリーンだったことが分かり、同じ色に塗り直され現在に至る、ということです。

IMGP5037re.jpg

続きを読む
【2006/03/13 11:02】 神戸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神戸一人旅 その12
せっかくの休日なのに、PSE法に関するブログやスレッドを読み耽って終わってしまった……。

さて今回は、風見鶏の館からのお届けです。ここは、昭和52年に放送されたNHK朝の連続ドラマ「風見鶏」の舞台となり、このドラマをきっかけに北野町に注目が集まり、神戸の観光コースに欠かせない定番へと成長していったそうです。いわば風見鶏の館は、神戸異人館の旗手的役割を果たしたというわけですね。

ただ有名な分、訪れる観光客の人数は、異人館の中で群を抜いて多いです。ゆっくり見学したい方は、朝一か閉館間際の時間帯が狙い目ではないでしょうか。

IMGP4992re.jpg

続きを読む
【2006/03/11 19:43】 神戸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神戸一人旅 その11
さて今回は、ハーバーランドの夜景をご覧頂きたいと思います。

この撮影がこの旅の1番の目的で、ロマンティックな夜景を前に二人だけの世界に浸るカポーが多数いても、怯まず敢行する覚悟でいたのですが、時期的にまだ肌寒いからか、乳くりカポーの姿は見かけませんでした。ちょっと肩透かしをくらいましたが、これ幸い。流れる鼻水も気に留めず、写真を撮りまくりました。

なお、神戸編はもうちょっと続きますので、よろしくお付き合いのほどを。

IMGP4931.jpg

続きを読む
【2006/03/09 12:46】 神戸 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
神戸一人旅 その10
9館共通券による異人館巡りの最終地点。今回は、うろこの家です。

この建物は、外国人向けの高級借家として建てられ、外壁が魚の鱗に似ている事から、いつしか「うろこの家」と呼ばれるようになったそうです。また現在、公開されている異人館の中で最も早く公開され、国指定登録文化財となっています。ちなみに、写真の向かって左側は美術館として利用され、ヨーロッパやロシアの近現代絵画などが、常設展として公開されています。

北野は坂が多い街で、うろこの家は1番高台にあるため、ここに着く頃にはぜえぜえしていたのを思い出します。体を鍛えないといかんなぁ。

IMGP4822re.jpg
続きを読む
【2006/03/08 13:52】 神戸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神戸一人旅 その9
……父さん。TVに浅田真央が映るたびに、デレデレするのはみっともないから止めたほうがいいと思うわけで。

さて今回は、山手八番館からのお届けです。ここは、3つの搭状の建物が繋がって1つの館を形成しているのが特徴的で、この様な建築方式をチューダー様式と呼ぶそうです。中には、西洋・東洋の彫像が所狭しと置かれ、さながら美術館のようです。

個人的には、先に訪れたベンの家とはまた違った、なんとなく落ち着かない雰囲気がありました。こう言ってはなんですが、実際に住んでみれと言われたら、丁重にお断りしたくなるですよ、ハイ。

IMGP4814re.jpg

続きを読む
【2006/03/07 22:23】 神戸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神戸一人旅 その8
先日、久しぶりに部屋の掃除をしたんですよ。カラーボックスとかどかして本格的に。そしたら、その裏から1枚の紙切れが出てきまして。それを取り上げて見てみたら、ひと言、「太陽とシスコムーン」とだけ書いてありまして。本人、全く記憶に無いんですが。いったい何があったんだろう……。

それはさて置き、今回は北野外国人倶楽部です。ここは、神戸港が開港した当時、居留者が集う会員制倶楽部として建てられた物です。所謂、サロンとしての役割を果たしていたわけですね。

ちなみに、女性向けのサービスの一環として、貸しドレスを着て記念撮影が出来るそうです。ただしこれは、異人館入場券の9館共通券を買うと付いてくるサービスなので、予めご注意下さい。

IMGP4728re.jpg

続きを読む
【2006/03/06 22:09】 神戸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神戸一人旅 その7
さて今回は、旧中国領事館よりお届けです。

現在、公開されている異人館は西洋風の物が多数ですが、その中で唯一オリエンタルな空気を感じられる館です。中に入る前は、やはり中国だけに赤を主体としたインテリアなのだろうかと想像していましたが、実際はシックで落ち着いた雰囲気でした。

ちなみに館内では、BGMとして女子十二楽坊のCDが流れていました。ここにさらに、さりげなくお香を炊いてくれたらなお良かったのになんて思います。

IMGP4689re.jpg

続きを読む
【2006/03/04 19:59】 神戸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神戸一人旅 その6
さて今回は、異人館の写真をちょっとお休みして、神戸の街中のスナップ写真をupしようと思います。同じ様な写真が続くと、食傷気味になりますからね。

ところで、ガイドブックを読むと、神戸には洒落たカフェが多いというトピックが目につきます。で、実際に街中をうろつくと、確かによく目につくんですよね。何と言いますか、特に何も考えないでパッと撮れば、それだけで絵になるようなカフェが。

ただ、被写体としてならいいですけど、中に入ってお茶をするとなると、私にとってはかな~り敷居が高くなります。それはまるで、一見さんお断りの京都のお茶屋さん並みです。独り身のオサーンを寄せ付けないオーラが漂ってますね、あの手のカフェには。

IMGP5084re.jpg

続きを読む
【2006/03/03 22:49】 神戸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神戸一人旅 その5
ちょっと私信。同期入社のTよ。風呂場でイナバウアーは止めとくれ。

さて、まだまだ続く異人館めぐり。今回はベンの家です。ここは、貿易商を営む一方で狩猟家としても活躍したベン・アリソンの旧邸です。家の中には、彼がしとめた動物の剥製が、所狭しと置かれています。その数なんと40体ほど。

動物愛護の視点で見るとちょっと複雑な気分ですが、その辺はとりあえず置いといて、何も考えずその迫力に酔いしれたら良いのではないかと思います。

IMGP4685re.jpg

続きを読む
【2006/03/01 11:52】 神戸 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。