スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
モノクロな世界
冷凍みかん、冷凍みかん、冷凍みかん、4個入り~♪

最近、静岡の某FM局がゴリ押しするこの曲が、頭にこびりついてはなれません。よくよく聞いてみると、要するに彼氏と待ち合わせ中の彼女が、その間ひたすらみかんを食う話なんですよね。つーか、静岡県民はしょっちゅうみかんを食べてるなんて誤解を招くんじゃ……。

そんなローカルネタはさて置き。今回またしてもにっしぃーさんのブログに便乗して、「なんとなくupしそびれたけれど、これモノクロにしたら良さげじゃね?」的な写真をupしようと思います。平たく言えば、在庫整理で場を繋ごうという、実に消極的な姿勢ですが。

IMGP6645re.jpg

続きを読む
スポンサーサイト
【2006/04/30 19:34】 モノクロ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
あれから2年 その2
本日より、ゴールデンなウィークに突入ですね。中には、9連休を利用してちょっと海外にでも、いえいえ大したことござんせんのよオホホという人もいれば、私の会社の同僚H田君のように、「連休? 嫁さんの実家で茶摘みの手伝い。休みも仕事も変わんねーよ!」なんて人もいるのでしょうか。がんばれ、H田。つか、やつ当たりはよせ。

それはさて置き。今回も浜名湖ガーデンパークからのお届けです。ちなみに下の写真は、正面から見ると「寿」という字に見えるとのことなんですが。どちらかと言うと、命! って感じでしょうか。

IMGP7092re.jpg

続きを読む
【2006/04/29 12:47】 地元 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あれから2年 その1
タイトルを見て(なんのこっちゃ)と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、これは2004年に開催された浜名湖花博から2年ということです。あれから2年後、花博の跡地はどうなっているのかというと、「浜名湖ガーデンパーク」として無料で開放されています。T・A・D・Aタダ。素晴らしい。

ただ残念ながら、花博開催中は色とりどりの花が咲き乱れていたであろうパビリオンは、今はもう全くといっていいほど手入れされておらず、まさに「兵どもが夢の後」状態です。

そんな中、唯一現在も手が加えられている「モネの庭」に、先日足を運んでみました。

IMGP6989re.jpg

続きを読む
【2006/04/28 12:58】 地元 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
花を求めるオサーン2人 番外編
さて今回は、浜松動物園からのお届けです。

浜松動物園はフラワーパークと隣接していて、この日は共通入場券を購入したのですが、フラワーパークで時間をかけすぎて、閉園時間ぎりぎりになってしまいました。ですので、じっくりと写真を撮る暇がなかったのがちと心残り。

ちなみにレンズはシグマ55-200 f4-5.6DCを使ったのですが、こういう場所に行くと、もう少し長い望遠が欲しくなりますねぇ。いわゆるサンニッパで覗くファインダーは、どんな世界なんでしょう。って、おいそれと買えるシロモノではありませんけど。

IMGP6808re.jpg

続きを読む
【2006/04/26 12:20】 地元 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花を求めるオサーン2人 その4
さて今回は、フラワーパーク大温室の続きです。

しかし、同じ場所で撮影していても、人によって撮影スタイルは全然違いますね。A山さんは何かひとつ被写体を見つけると、露出や絞りやアングルを変えてと、なかなかそこから動こうとしないのに対し、私はといえば、あっちへフラフラこっちへフラフラ。落ち着きないこと、このうえなし。

そして、撮り終わってから一通り見せてもらったのですが、A山さんは8割強、花の写真だったのですが、こちらは変な彫刻だったり、露店で焼きそばを作るお姉さんだったり。A山さんは何も言いませんでしたが、(何、撮ってんだコイツ)と思っていたでしょう。

IMGP6783re.jpg

続きを読む
【2006/04/25 13:00】 地元 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花を求めるオサーン2人 その3
フラワーパークには大きめの温室がありまして、世界各国の珍しい草花を栽培しています。さすがに大温室を名乗るだけのことはあって、雲り空の天候でも、中は軽く汗ばむくらいの気温でした。

しかしここは、夏の直射日光を受けたらどうなってしまうんでしょう。熱中症で倒れる人が続出なんてことになりはしないでしょうか。

というわけで、今日明日の2回に分けて、温室からの写真をupします。

IMGP6610re.jpg

続きを読む
【2006/04/24 14:10】 地元 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花を求めるオサーン2人 その2
昨日、A山さんの撮影姿をこっそりupしましたが、実は送られてきたメールの中に、私が撮影している写真も混ざっていまして。どういう構図で撮ろうかと体をひねっている姿や、撮り終えて「してやったり」みたいな顔をしている写真でした。なんとも間抜けな格好の自分を見て苦々しい思いをしたのですが、ここでふと、ある事に気がつきました

撮るのは好きでも撮られるのは嫌な私は、自分の顔が写っている写真が手元にありません。せいぜい、運転免許ぐらいなものです。で、もし明日ぽっくり逝ってしまったら、お葬式に使われる遺影はどうなるのだろう、と。私の死後、パソコンの中身を覗かれて、出てきたA山さん撮影の写真が利用されるのではないか。そ、それだけは嫌じゃぁぁぁぁ! 

というわけで、A山さんには申し訳ないのですが、さっくりとゴミ箱行きと相成りました。

と、どうでもいい前置きはこれぐらいにして、今回はチューリップ以外の写真をお届けです。

IMGP6666re.jpg

続きを読む
【2006/04/23 22:30】 地元 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花を求めるオサーン2人 その1
私は基本的に、撮影には一人で出かけるのですが、先日、会社の先輩で今は亡きコニカミノルタα7D使いのA山さんと、フラワーパーク&浜松動物園に行ってきました。

フラワーパークに訪れるのは非常に久しぶりで、小学校の時の写生大会以来。あれからうん十年後、カメラ片手に再訪することになるとは、夢にも思いませんでした。小学生の私がどんな絵を描いたのかは記憶の遥か彼方ですが、多分、アバンギャルドでエキセントリックな絵だったような気がします。

というわけで、リンクを貼っているにっしぃーさんのブログで行われているチューリップ祭りに便乗する形で、まずはチューリップの写真からどうぞ。

IMGP6710re.jpg

続きを読む
【2006/04/22 23:09】 地元 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
春の京都その4
少し気が早いですが、後1週間もすればゴールデンウィークですね。みなさんも、色々と予定を立てているかと思います。

ところで、ゴールデンウィークの由来についてちょこっと調べてみたのですが、1948年にこの時期の祝日法が施行され、この間は通常に比べて映画館の入場者数が増加していることを受け、映画館経営者にとって「とても素晴らしい週間」という意味合いを込めて、1951年に大映の専務・松山英夫が命名したという説が有力視されているようです。

かと思えば、この時期はロッキー山脈の雪解け水で砂金がよく採れ、多くの人々が詰め掛けたことにより、彼らの地元の町が休日状態になってしまったことから名づけられたとする説や、日本を「黄金の国ジパング」と紹介したマルコ・ポーロが来日したのが5月の初旬だったのにちなんで、という説なんかもあるようです。

さて、そんなトリビアもどきはさて置き。春の京都最終回は、京都御苑・北野天満宮・平野神社からお届けです。

IMGP6304re.jpg

続きを読む
【2006/04/20 22:37】 京都 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春の京都その3
さて今回は、醍醐寺からのお届けです。

醍醐寺は、京都でも有数の桜スポットですが、そもそものきっかけは豊臣秀吉が近隣諸国から桜を取り寄せて移植したのが始まりだそうです。そして秀吉は、秀頼、北政所、淀殿、各諸国の大名など約1300人もの人を従えた盛大な花見を催し、後に「醍醐の花見」として語り継がれていきます。

また、それまでは貴族達の風習であったお花見が、「醍醐の花見」によって庶民の間にも広く知れ渡り、根づいていったということです。

IMGP6248re.jpg

続きを読む
【2006/04/19 21:18】 京都 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春の京都その2
いつものようにupする写真をピックアップし、さてアップロードしようかとネットに繋いだら、ビックリするようなニュースが。日本ハムの新庄選手が、対オリックス戦終了後のヒーローインタビューで今季限りでユニフォームを脱ぐと宣言したそうですよ。

満塁ホームランを打った日に引退宣言なんて、新庄らしいと言えばらしいですけど……。来年の日ハムの観客動員に、大きな影響を与えそうですね。

と、まあ、個人的な備忘録を終えたところで、今回は祇園白川の写真をお届けします。

IMGP6220re.jpg

続きを読む
【2006/04/18 22:14】 京都 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春の京都その1
さて今日から、今月の初めに京都に行った時の写真をupしていきます。既に桜は散ってしまって、微妙に周回遅れのような気もしますが、せっかく撮った写真ですし、持ちネタが少なくなりつつありますし。

ま、あんまり引っ張らずにパパパッとupしいきますので、よろしくお付き合いのほどを。まずは早朝の東山周辺です。

IMGP6145re.jpg

続きを読む
【2006/04/17 17:53】 京都 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・春 横須賀完結編
アンタ、あの子のなんなのさ。

横須賀を舞台にした歌謡曲といえば、例えばクレイジーケン・バンドの「タイガー&ドラゴン」や山口百恵 の「横須賀ストーリー」などがありますが、パッと思いつくのはやっぱりこれですね。港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカぁ。私も冒頭のような台詞を1度は口にしてみたいもんです。でも実際に自分が使うとなると、
「失礼ですが、あなた様はあの方とどういったご関係ですか」
に変換されそうですが。

それはさて置き、18切符・春のシーズンは、ドブ板通りで締めくくりです。

IMGP6543re.jpg

続きを読む
【2006/04/15 09:33】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・春 横須賀編その4
さて今回は、ドブ板通りのスナップをupしていきます。

ドブ板通りはいわゆる繁華街なのですが、昔ここには横須賀基地への水道管が通っていて、その上に板を這わせて道にしていたことから、このように名付けられたそうです。古くから、米兵を相手に商売してきた路面店が立ち並び、自然とシャッターを切る回数が増えました。

という訳で、今日明日の2回に分けてお届けしたいと思います。

IMGP6561re.jpg

続きを読む
【2006/04/14 12:47】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう・春 横須賀編その3
昨日もお伝えした通り、今回は横須賀の街中スナップです。

初めて訪れた横須賀は、どこか昭和の匂いが色濃く残っていて、個人的にとても落ち着く印象を受けました。私の撮った写真では、その雰囲気は伝わらないかもしれませんが。でも、いいっすね横須賀。

IMGP6489re.jpg

続きを読む
【2006/04/13 12:34】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・春 横須賀編その2
いや~、昨日の空は、もの凄い荒れ模様でしたねぇ。さすがに桜も散ってしまって、また来年のお楽しみといった感じでしょうか。

さて、昨日は横須賀基地内の桜祭りの写真をupしましたが、今回は街中のお祭りの様子をお届けします。ちょっと散策すれば、いろんな所でイベントが催されていて、中には基地のお祭りと掛け持ちで出演した踊り子さん達もいました。

IMGP6601re.jpg

続きを読む
【2006/04/12 12:00】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・春 横須賀編その1
トンネル抜ければ 海が見えるから そのままドン突きの 三笠公園で

というわけで、春の18切符シリーズ最後の地は、神奈川県横須賀市からお届けします。実は山梨の甲府と横須賀、どちらに行こうかかなり迷ったのですが、この日は米海軍横須賀基地内で桜祭りがあるというのが決め手となりました。

まずは、お祭りの様子からご覧下さい。

IMGP6483re.jpg

続きを読む
【2006/04/11 12:59】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・春 鎌倉完結編
さて、鎌倉編の最終回は、街中スナップをお届けします。

いつもでしたら、終電で地元に帰れるようギリギリまで粘るのですが、この日は午後3時くらいから雨が降り出し、泣く泣く帰宅したのでした。あちこちウロウロする時間もありませんでしたし、天気がいい日にまた散策したいと思います。

IMGP6098re.jpg

続きを読む
【2006/04/10 11:49】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう・春 鎌倉編その5
さて今回は、鶴岡八幡宮よりお届けです。

鶴岡八幡宮は、源頼朝の先祖に当たる頼義が、奥州に出兵するにあたり京都の石清水八幡宮で必勝祈願し、見事、勝利を収めた記念に建立されたのが始まりと言われています。その後、鎌倉幕府を開いた頼朝が、元々は由比ガ浜近辺に建てられた八幡宮を現在の地に移し、街作りの拠点としたそうです。

そして現在では、失踪する馬にまたがり矢で的を射る流鏑馬など、様々なお祭りが催され多くの人々を集めています。

IMGP6126re.jpg

続きを読む
【2006/04/08 21:38】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・春 鎌倉編その4
さて今回は、鎌倉大仏でお馴染みの高徳院などの写真をupしていきます。

大仏と言えばまず思いつくのが奈良県東大寺の大仏で、こちらは立派な大仏殿に納められているのに対して鎌倉大仏は野ざらし。ですが、元々は鎌倉大仏にも大仏殿があり、室町時代の大地震によって引き起こされた津波によって流されてしまったそうです。その後、誰も復旧しようとしなかったのは何故なんでしょう。

ちなみに、そんな鎌倉大仏の悲哀を歌ったのが、サザンの「TUNAMI」である……わけがありません。

IMGP6077re.jpg

続きを読む
【2006/04/07 21:08】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・春 鎌倉編その3
咲き誇る花は、散るからこそに美しい。散った花びらは、後は土へと還るだけ。

桜を採り上げた歌は多々あれど、私が真っ先に思いつくのはこの歌ですね。ソイヤソイヤ、ソレソレ。

さて今回も、昨日に引き続いて長谷寺からのお届けです。今の季節がら、桜の写真が中心になりましたが、元々、長谷寺は紫陽花で有名なお寺だそうで。この日はあいにく天気が悪く、海の写真も撮らなかったので、その事も含めてまた訪れたいと思う場所でした。

IMGP6041re.jpg

続きを読む
【2006/04/06 19:12】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・春 鎌倉編その2
さて、今までとちょっと趣向を変えて、江ノ電でGO! な18切符シリーズ。今回は長谷駅で下車しました。

ところで、今回初めて江ノ電に乗ったのですが、噂に聞いていた通り民家すれすれの所を走るんですね。スピードも比較的遅めですし、窓を開ければ、すれ違いざまに挨拶ができそうです。途中、路面電車になるわけですが、後から車が追いかけてくる光景が面白かったですよ。

ま、それはさて置き、まずは長谷寺からのお届けです。

IMGP6014re.jpg

続きを読む
【2006/04/05 10:50】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう・春 鎌倉編その1
さて今日から何回かに分けて、鎌倉を訪れた時の写真をupしていきます。

今回は、まず東海道線で神奈川県藤沢市に行き、そこから江ノ島電鉄、通称「江ノ電」に乗り換えて鎌倉を目指すというコースです。ちなみに江ノ電には、1日乗り降り自由な「のりおりくん」という乗車券(大人580円・子供290円)を販売していますので、こちらを利用すると便利でしょう。

それでは、江ノ島駅周辺で撮った写真からスタートです。

IMGP6011re.jpg

続きを読む
【2006/04/03 11:34】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。