スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
青春18切符で行こう・夏 妻籠宿完結編
さて今回で、妻籠宿も最終回です。

ところで、この妻籠宿でもそうなんですけど、街撮りをしていて雰囲気のいいお店を見つけると、店先の写真を撮ることがよくあります。が、よくよく考えてみると、中に入って何かを買ったことは1度もないんですね、これが。

お金を一銭も落とさず、写真を撮るだけ。実は、お店側からすれば迷惑なヤツなんじゃないかと。そう考えると、ちと反省しなければと思う今日この頃です。

tumago26.jpg

続きを読む
スポンサーサイト
【2006/09/20 13:33】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
青春18切符で行こう・夏 妻籠宿編その3
さて今回も、妻籠宿からお届けです。

ところで、下の写真の右下に写っている物は、木をくり抜いて水が溜めてある手洗い場なんですね。で、その時は特に何も思わなかったんですが、ブログにupする写真を選択中に、ふと、(これってひょっとして、馬用の水飲み場の名残りでは?)なんて思いまして。

ま、勝手な想像なんで、真相は定かではありませんが。

tumago14.jpg

続きを読む
【2006/09/19 14:22】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう・夏 妻籠宿編その2
しばらく間が空いてしまいましたが、妻籠宿の2回目です。

ところで、私は街並みの写真を撮る時、出来るだけ人の姿を入れないようにしたい方でして。場合によっては、ポイントとしてあえて入れる事もあるのですが。

で、この妻籠宿なんですが、バスツアーとかでも人気のコースらしく、人の流れがなかなか途切れない。仕方が無いので、飛雄馬の姉ちゃんよろしく木の影でじっと待つのですが、いわゆる観光地で人影のない風景を撮ろうと思ったら、前泊して朝一撮影しかないのかもしれませんね。

tumago1.jpg

続きを読む
【2006/09/18 14:30】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう・夏 妻籠宿編その1
さて今回から、長野県は南木曾町にあります、妻籠宿からお届けです。

妻籠宿は、中山道42番目の宿場街で、先日upした奈良井宿の南に位置します。また、今までいくつか重要伝統的建造物群保存地区の写真をお送りしてきましたが、1番最初に認定されたのは、ここ妻籠宿です。

理想としては、同じJR中央本線の沿線上ですし、奈良井と妻籠を同じ日に訪れられればよかったのですが。中津川より北になると電車の本数が極端に減り、かつ、写真を撮りながらではとてもじゃないけど1日では回りきれない為、日を改めて訪れてみました。

IMGP1754.jpg

続きを読む
【2006/09/14 23:28】 青春18切符 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・夏 関宿完結編
さて今回で関宿も最終回。最後は、西の端から来た道を引き返し、東の端までという流れでお届けします。

……と、言いたいところですが、駅でもらった案内図をよく見ると、さらに西へと続く街並みが残っているじゃありませんか。嗚呼、なんてこったい。全て網羅したつもりだったのに。

いつかまた、季節を変えて再訪したいと思います。

IMGP1612.jpg

続きを読む
【2006/09/12 20:04】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう・夏 関宿編その3
今日で今年の18切符・夏のシーズンが終わってしまった…。まだまだ行きたい場所があるのに、とりあえず冬までおあずけです。

それはさて置き、今回も関宿からお届けです。

ところで、これ以上は出来ないという限界を表現するのに、「関の山」という言葉を用いることがありますが、この言葉の由来は、実はここ関宿にあります。

というのも、関町から八坂神社の祇園祭に出される山車は非常に立派で、それ以上、贅沢な物は作れないだろうという事からきたそうで。もう1つ、山車の規模が、関町の道幅に対して目一杯だったからという説もあるようです。

IMGP1574.jpg

続きを読む
【2006/09/10 21:20】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・夏 関宿編その2
さて今回も、関宿からお届けです。

ちなみに下の写真は、保存地区の通りに面した電気屋さんなんですが、このように古い街並みの雰囲気に違和感を与えないような店構えになっています。一見、何屋さんなのか分かりにくいのが、面白くもあったりしますね。

IMGP1498.jpg

続きを読む
【2006/09/08 12:49】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春18切符で行こう・夏 関宿編その1
さて今回から、三重県は亀山市にあります関宿からお届けします。

関宿は、東海道で47番目の宿場町で、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。東海道では、例えば関所跡だったり旅籠だったりと、一部の建物が残っているというパターンが多いのですが、そんな中この関宿は、唯一、かなりの規模で街並みが残っているという場所でもあります。

IMGP1449.jpg

続きを読む
【2006/09/07 12:57】 青春18切符 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう・夏 近江八幡完結編
さて、今回で近江八幡も最終回。最後は、街並みの様子をお届けです。

ちなみに、下の写真は「白雲館」といい、明治10年に八幡東学校として建築されました。そして、平成6年に解体修理され、現在では観光案内所として使用されています。

IMGP1374.jpg

続きを読む
【2006/09/05 12:29】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう・夏 近江八幡編その3
さて今回も、八幡堀周辺の写真を中心にお届けします。

ところで、今でこそ情緒あふれる八幡堀ですが、人々の生活環境が変化していくに従って堀の自己浄化力が限界を超え、堀を埋め立てざるをえない状況にまでなったそうです。

しかし昭和44年ごろ、近江八幡青年会議所が「堀は埋めた瞬間から後悔が始まる」というスローガンのもとに浄化活動が始まり、それから長い年月を経て、現在に至るという事です。

当日はお気楽に写真なんぞを撮っていた私ですが、その影には地元の方々の弛まぬ努力があったのだという事に、改めて感謝の意を表したいと思います。

IMGP1306.jpg

続きを読む
【2006/09/03 04:36】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春18切符で行こう・夏 近江八幡編その2
さて今回は、八幡堀周辺の写真を中心にお届けします。

八幡堀は、琵琶湖を往来する荷船を、城下町である近江八幡に寄航させるために設けられた運河です。江戸時代からの建物が今もなお多く残っており、時代劇のロケが頻繁に行われているようです。

IMGP1266.jpg

続きを読む
【2006/09/02 09:13】 青春18切符 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。