スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
音楽の街・浜松 後編
さて、昨日に引き続き、今回も浜松市楽器博物館からお届けです。

ちなみに簡単なインフォメーションを紹介いたしますと、入場料は大人400円・高校生200円・小中学生無料で、開館時間は9:30~17:00までとなっています。休館日は毎月第2水曜日ですが、来年の2/13~3/20はリニューアル工事の為、休館となりますので予めご注意下さい。

浜松へお越しの際は、ぜひ足を運んでみると良いですよ。それでは、和楽器のフロアからスタートです。

IMGP2595re.jpg

こちらは琴の体験コーナーです。見学中、時折「さくらさくら」が聞こえてきたのですが、正体はこれでした。ちょっと気の早い、お正月気分を味わえました。

IMGP2417re.jpg


IMGP2566re.jpg


IMGP2568re.jpg


IMGP2577re.jpg


琵琶三連星。

IMGP2421re.jpg


これも楽器のカテゴリーに入るんだ…。

IMGP2419re.jpg


次は、民族楽器のフロアへ移動です。

IMGP2430re.jpg


こちらは、インドネシアの竹製打楽器で「ジュゴック」といいます。某モビルスーツとは何の関係もございません。

IMGP2463re.jpg


そしてこちらは「バリ・ガムラン」。この2つは、さしずめ打楽器のオーケストラといった感じでしょうか。

IMGP2456re.jpg


もの凄い肺活量を必要としそうです。

IMGP2440re.jpg


こう言っちゃなんですが、なんだか呪われそうな…。

IMGP2446re.jpg


ある一定のリズムで叩くと、口から火を吹きます。

IMGP2589re.jpg


オマケ。天使のオーケストラ。

IMGP2406re.jpg


以上をもちまして、今年最後の更新となります。年明けの再開は、1/4辺りでと考えております。それでは皆様、月並みではございますが、良いお年を。
スポンサーサイト
【2005/12/30 00:58】 地元 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
<<新年 | ホーム | 音楽の街・浜松 前編>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sarugeinin.blog29.fc2.com/tb.php/11-8e6bf53d
琴をたくさん集めました
■ペグ付用・現代邦楽はカッコイイ!・ソォイ!は続くよどこまでも・琴、三味線、琵琶、尺八、m.c.A.T・和洋折衷・体験レッスン♪・つきとうさぎさん 9月30日(土) 晴れ・文化箏に遭遇・水芸・倖田がレコ大!「エロかっこいい」で頂点 (画像あり)・ 『題名のない音楽会 和楽器の感想【2007/07/30 10:10】
0827秋先10ゼンオン 筝セット 中級 ZKO-
200) 和楽器をたくさん集めました【2007/08/26 11:06】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。